作物紹介

どの野菜も、たくさんの品種の中から、土地や季節に合ったものを選んで育てています。葉の形や味がそれぞれ違って面白いです。

ノームくん

レタス

レタス

高原ならではの気候を生かし、育てられているのがこのレタス!夏の涼しい朝にシャキッとみずみずしい状態で収穫し、その日のうちに店頭に並びます。暑い時期は、虫の被害や、病気など、トラブルも多く起こりがちですが、できるだけ農薬の使用頻度を抑えて野菜自身の力で成長させるよう心がけています。高原ですくすく育ったレタスたち。たくさんの人においしく食べられておいで!

レタス

畑に直接種をまく、ホウレンソウや小松菜と違い、レタスとブロッコリーは苗まで成長させたものを畑に植えます。ノ―ムランド高橋では、苗の自家育成をしています。品種ごとに微妙に葉の形が違って、おもしろいですよ!ブロッコリーの苗は、水やりの直後、水玉が葉の上でキラキラ光ってきれいです。 寒い時期は凍えないように、暑い時期は太陽に負けないように、突然の雨や風にと管理は気を抜けない代わりに、元気にすくすく育つ苗が、作り手にも元気をくれます。育苗のハウスにいると、たくさんの子供に囲まれているような、やさしい気持ちになります。

レタス

餃子:普通の餃子の、野菜をレタスにしたものです。
作り方:(1)ひき肉に塩、胡椒、醤油、みりん、酒、鶏がらスープの顆粒、ごま油、生姜などで下味をつける。よく混ぜる。(2)レタスを粗いみじん切りにして、塩をふり、もんで、水気を絞る。(3)ひき肉とレタスを混ぜる。 あんを皮で包んで焼く!簡単!小さめの皮で、短時間で焼きあがるように作るとシャキシャキ感が出ておいしいよ!下味だけでも十分だけど、お好みでポン酢をつけて召し上がれ!

コマツナ

小松菜

夏の暑い時期が来たら小松菜の出番です。薬を使わずに、種をまいた直後から、収穫直前までネットで大事に覆われて育ちます。すくすく育ちます。箱入り娘のようです。小松菜を守るネットと鉄パイプは、ずっしり重い・・・土に足を沈めながら小松菜のためにがんばって運びます。

小松菜

いろんな料理に使える小松菜。単調になりがちな焼肉や炒めものに加えるだけで、目にも鮮やか、食べておいしく栄養満点なひと品に変わります。「いつもの料理」に加えることをおすすめします。簡単!

ホウレンソウ

ホウレンソウ

寒い土地だからこそ、甘く、おいしく育つほうれん草。高原の、広々とした畑一面のほうれん草は、それ自体が絶景です。量がたくさんあっても収穫は全部手作業!やさしく一つ一つ収穫します。根気のいる仕事です。収穫後はすぐに袋詰め。おいしい状態で届きますように。大事に作られたほうれん草たちはミネラルをたくさん含んで、栄養満点!早く食べてほしいなぁ。

レタス

ほうれん草は、寒さに強い!こんな雪が降っても、その下で、カチカチに凍っても、お日様に当たると復活!いつものほうれん草に戻るのです。

ほうれん草

雨よけのほうれん草は、管理に気を配ります。水やりや土の管理・・・ワイルドな路地のほうれん草に比べて、繊細な仕上がりになります。

レタス

ほうれん草はお浸しが一番!沸騰したお湯で丸ごと茹でます。お湯に入れるときは株の下から。お湯につかってしなっとしたらすぐあげます。食べやすい大きさに切って、手で絞り、水気を切ったら完成!簡単!醤油、マヨネーズ、鰹節がおすすめ。

ブロッコリー

ブロッコリ

涼しい季節はブロッコリーの出番です。薬を控えめに、きれいな花をつけさせるのは大変ですが、収穫時の喜びは大!傷みや虫がないか丁寧に検品し、送り出します。芯を捨てちゃう人、ぜひ食べてみてください!煮込めばとろとろで離乳食にもいいですよ!

Now Printing

水やりの直後。かわいい形の葉っぱの間にキラキラと水玉が光ります。

ブロッコリーの芯入りポトフ
ブロッコリーの芯を皮をむいて一口大に切ります。あとはジャガイモや、ニンジン、玉ねぎ、ウインナーなどと一緒にコンソメスープで煮込むだけ!簡単!別でゆでた花の部分を最後にのせたら見た目もカラフルでよりおいしそうです。

ビーツ

カラフルなビーツ

カラフルなビーツは栄養も満点?葉っぱも肉厚で味わい深いですよ!!

クリームシチューにビーツの入れるとほんのりした甘味も加わって美味しい

いつものクリームシチューにビーツを入れるだけで、こんなにキレイなピンクのシチューに大変身ヽ(・∀・)ノほうれん草に似たビーツのほんのりした甘味も加わって美味しい!!

有限会社ノームランド高橋

〒379−1203 群馬県利根郡昭和村大字糸井6323−1 TEL.0278−30−9012  FAX.0278−24−7598

Copyright(C) ノームランド高橋 All Rights Reserved.